美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦

menu

ダイエットの帝王《FITBULL 桑原和也》

みなさん、こんにちは。

理学療法士

プロダイエットアドバイザー

和也です。

ダイエットに関する情報というのは、次から次へと出てきては消えていきます。

これから、ダイエットを始めようと思っている方もたくさんあるダイエット方法の中から、どれを選択してよいか迷うはずです。

どうせダイエットを始めるなら、効果的に痩せたいですからね!

「短期間ですぐに痩せたい!」

「お尻と太ももを引き締めたい!」

「出来るだけ辛くないダイエットを探している。」

などなど、一言で「痩せたい」と言っても、みなさん目的は違っています。

最近は、

利尿剤を使ったダイエット

が注目されていますが、

利尿剤ダイエットが本当に効果があるのか?それは、安全なのか?」

と、気になっている人も少なくないでしょう。

そこで、今回は

ラシックス(利尿剤)ダイエットは効果的?危険性は?

をテーマにお話したいと思いますので、ぜひご覧くださいね。

いつもたくさんの

ダイエットスタート報告を

ありがとうございます。

ダイエットスタート報告のやり方はとっても簡単!

私の《桑原和也LINEアカウント》

お名前(ニックネームでも可)
身長・体重(書きたくない方はなくてもOK!!)
目標体重と目標期間
なぜ痩せたいのか?

を送るだけです。

自分がダイエットを始めることを私(桑原)に報告をすることで、

自分がダイエットを始めることを宣言してしまったから、ダイエットで頑張らないといけない

という強制力を利用して、モチベーションを上げてもらい、ダイエットの成功率を強制的に上げます。

私は、一度でもメッセージをくれた方のことは決して忘れません。。。

だからこそ、報告をしたからには絶対に痩せてほしい、と本気で思っています。

また、ダイエットスタート報告の時にダイエットのご質問をされる方も多いですが、出来るだけお答えするようにしています!

今からダイエットを始めよう!

とにかくダイエットスタート報告をしておこう!

絶対に痩せて◯◯を見返してやる!

という方は、ダイエットスタート報告をしてくださいね^ ^

友だち追加





利尿剤って何?

利尿剤ってそもそも何なのでしょうか?

利尿剤は、名前の通り”尿に作用する薬”のことを指します。

詳しく説明すると、

尿量を増すことにより、体内の不要な水分の排出を促進させるとともに塩分も排出させ、浮腫(ふしゅ)を除去する薬のことをいいます。

浮腫(ふしゅ)は、別名「むくみ」と呼ばれ、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみ出した状態のことを指します。

手足や顔が朝と夜で大きさが違う

という経験がある方もいるでしょう。

むくみは、特に女性に多い悩みで、太っていないのにむくみで太って見えてしまったり、夕方になると足がだるくなったりという症状を伴うことが多いです。 

利尿剤には、水分を排出することで血圧を下げ、心肺機能の負担を減らすなどの働きがあります。

ただし、過剰に使用しすぎると副作用が出ることがあるの用量・用法守って使用する必要があります。

 

利尿剤ダイエットは効果的か?

では、利尿剤ダイエットはどんな効果があるのかどうかをお話する前に、体に余分な水分がある状態は体に悪いのかどうかについてお話しておきます。

そもそも、むくみはどうして起こるのでしょうか?

むくみが起こるメカニズムについてみてみましょう。

むくみが起こるメカニズム心臓から送られる血液は、血管の中を通り全身に行き渡るのですが、末端に送られる際は動脈を通って運ばれます。

末端から心臓に戻ってくる場合は、静脈を通り心臓に戻ります。

心臓から足の先まで送られる場合は問題ないのですが、足の先から心臓に戻ってくる場合は重力に逆らって戻って来なければなりません

その際、ふくらはぎの筋肉がポンプの働きをして心臓に血液を戻すサポートをしています。

また、ふくらはぎの筋肉の働きだけではなく、血液の逆流を防ぐため足の静脈には弁が付いています。

ですが、ふくらはぎの筋肉の働きが不十分であったり、血管の弁にトラブルが起きることにより、足に血液が滞留してしまい、むくんでしまいます。

むくみがある状態では、細胞への栄養の取り込みや老廃物の排出にも支障をきたしてしまい、さらなる浮腫(むくみ)に繋がってしまいます。

さらに、本来排出されるはずの余分な水分が体内にあることで、体温が下がってしまい、代謝が低下した結果、脂肪を燃焼しにくく痩せにくい体になってしまいます。

つまり、むくみやすい人は代謝が下がりがちになってしまい、太りやすく痩せにくい体質になっている可能性があるということなのです。

そこで、体内にある余分な水分を排出することで、痩せるだけでなく代謝アップ効果も期待できる利尿剤ダイエットが注目されています。

つまり、余分な水分を体外に排出することにより、ダイエット効果と健康改善効果を期待できるということになります。

一般的に、

利尿剤ダイエットで使用する利尿剤にはラシックスが適している

と言われています。

ラシックスは、アベンティスファーマが製造している利尿剤で、血液中の水分量を減少させ血圧を下げ、高血圧や腎臓関連の浮腫に使用される薬です。

ダイエット期間中、ラシックスを服用することで体内に余分に溜まった水分を排出、体重を減少させることができます。

ちなみに、むくみといっても一過性のむくみと慢性的なむくみがあります。

一過性のむくみは、男性よりも女性に起きやすく、一過性のむくみの原因は生活習慣が大きく影響しています。

立ち仕事、デスクワークが多い

普段から立ち仕事やデスクワークの時間が長い場合、常に足先の血液は重力に逆らって戻って来なければならないため、足がむくみやすくなってしまいます。

朝はほとんどむくんでいなくても、「夕方まで仕事をすると足がパンパンになるほどむくんでしまう」という方は多いです。

 

運動不足

運動不足の場合は、足の血液を心臓に戻すサポートであるふくらはぎの筋肉が衰えてしまいますので、むくみやすくなってしまいます。

また、運動不足は血管の柔軟性の低下を招き、結果的にポンプ機能が低下、むくみやすい体質になってしまうので、日頃から運動するよう心がける必要があります。

 

生理、妊娠

女性の場合、生理、妊娠があります。

生理前や生理中、妊娠中というのは、ホルモンの働きにより水分を溜め込みやすくなっているので、むくみ傾向になります。

「生理のときは足がむくんでしまう」

「妊娠してからむくむようになった」

という場合は、ホルモンが影響していることが考えられます。

 

塩分の摂りすぎ

塩分は、別名「ナトリウム」と呼ばれ、体内ではカリウムと拮抗関係にあります。

塩分を摂取すると、塩分を薄めるために水分を体に溜め込む作用が体内で働きます。

そのため、日頃から塩分を摂りすぎている方は、むくみやすい傾向であるといえます。

 

アルコールの飲みすぎ

お酒を飲んで顔がむくんだ経験はありませんか?

アルコールには「抗利尿ホルモン」の働きを抑える作用があり、アルコール自体に利尿作用があります。

アルコールには、血管内脱水といって体は脱水し、喉は乾きを覚え水分を大量にとってしまいます。

こうして必要以上に水分をとってしまった結果、体内に余分に水分が溜め込まれ、むくんでしまいます。

普段からよくアルコールを飲んでいる方は、一度試しに控えてみてむくみが変わるか試してみても良いかもしれませんね。

慢性的に浮腫(むくみ)を持っている方には、ラシックスを使用することでダイエット効果が期待できるといえます。

ただし、

ラシックスは元々、慢性的な浮腫(むくみ)を持っている方の利尿剤や高血圧の方の降圧剤として利用される薬なので、痩せたいからといって医師の診断も無いのに使用してしまうのは危険です。

 

利尿剤(ラシックス)ダイエットは危険?

調べてみると、実際にラシックスを使用した利尿剤ダイエットを試したという方が非常に多いことに驚きました。。。

実際にラシックスダイエットを行った人の声では、

個人輸入で購入しました。最近はびっくりするくらい利尿効果があり、腕も脚も細くなります。
が、ふらつき、目眩がひどい。ただ思ったのが
痩せたね。と言われるのですがラシックスを飲んでるとは言えず、あっ言えないような薬なんだよね。と自覚しました。しかし、止めるとプニプニむくみが前よりひどくなり、止めたいけど止めたらむくむからのループ地獄。ダイエットって難しいです

 

3日に1度、朝の空腹時に使用。服用1時間後に強い尿意を感じ、15分毎にトイレへ。4回くらいで落ち着きます。確実に1.5kgは減り、顔も体も引き締まります。が、翌日には元に戻ります。最近、服用していない時の体のブヨブヨ感と尿の出方が少ないことが気になります。しばらく使用を中断して「ここぞの一錠」にしようかと考えています。

 

私の場合、飲んで1時間半で
外に出歩けないくらいの頻尿になります。
すぐにむくみは消えますが、一気に血圧が下がり
めまいとふらつきがひどいです。
左耳の難聴も起こります。
それでも、あしのだるさが引くので
生理前には重宝しています。

 

浮腫がひどく購入。
空腹時に飲んだ方が効果が出やすいです。
3時間ほど、とにかく尿がたくさん出ます。
脚と顔が軽くなっていくのがわかりますし、鏡で顔を見るとまぶたがすっきりしてます。
しかし、倦怠感は残ります。

このように、人により効果と副作用はそれぞれですが、病院で処方してもらうのではなく、個人輸入でラシックスを購入している人が多く、驚いています。

また、全体的な声を見ていると、慢性的に浮腫(むくみ)がある方は、

ラシックス40mgを1日1回1~2錠を毎日、または一日おきに服用することで2~3kg体重が減ることもあるようです。

ラシックスを使用した場合は、約30分ほどで効果が出始めるため、仕事前や外出前に使用してしまうとトイレの回数が増えてしまうので注意が必要です。

ただし、根本的に脂肪を減少させて痩せているのではないので、排出した分の水分を摂ればまた体重が戻ってしまいます。

実は、ラシックスを使用した利尿剤ダイエットでは、副用に悩まされていたり、病院で医師からストップがかかったという方が少なくありませんでした。

元々、慢性的な浮腫(むくみ)や高血圧を持っていない方が、必要な水分を排出させてしまうと

口渇、倦怠感、頭痛、吐き気・嘔吐、貧血、発疹、じんましん、発赤、光線過敏症、かゆみ、水疱性皮膚炎、紫斑、黄疸など

これらの副作用が出る可能性があります。

上記のような副作用が出た場合は、ただちに利尿剤の使用を止め、医師の診察を受けましょう。

 

まとめ

今回は、”利尿剤ダイエット”についてお話してきましたが、ここまでお読みいただくと利尿剤ダイエットは、

慢性的な浮腫(むくみ)を持っていて、その影響で体が冷え、代謝が低下している方

にはある程度効果が期待できますが、それ以外の人には危険が大きいことがお分かりいただけたはずです。

私は利尿剤を使用したわけではありませんが、スポーツの大会前の階級合わせのときに減量することがあります。

その時は、体内の水分を徐々に出していったのですが、正直かなり辛かったです。

たまに、めまいがしたり、足が浮く感じがあり、体内の水分を出すことは危険性があると身をもって感じました。

そのため、一時的には”利尿剤ダイエット”は効果的かもしれませんが、

「水分ではなく脂肪を減らしてダイエットすることが本当の意味でのダイエット」

なのではないでしょうか?

もし、利尿剤を使ったダイエットをしたい方は、自己責任にて行うようにしてください。

今回は【ラシックス(利尿剤)ダイエットは効果的?危険性は?】をテーマにお話させていただきました。

The following two tabs change content below.
桑原 和也

桑原 和也

名前:桑原和也。 職業:理学療法士、プロダイエットアドバイザー、介護施設運営コンサルタント。 プライベート:現役ベンチプレス選手(近畿大会準優勝)。 臨床で5年間経験を積み、3000人以上の患者を治療する。 「美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦」をテーマに、自身のダイエット経験、理学療法&スポーツの知識を生かし100人以上をダイエット成功に導く。 2018年にFITBULLを立ち上げ、一般の方から現役アスリートまで幅広く治療をし、体型に悩む多くの女性にダイエット&ボディメイクの指導をする。 その傍ら、介護施設の運営コンサルタントとして赤字企業をわずか3ヶ月で黒字に転換させる。 現在は介護サービスの利用を希望しても最低1~2ヶ月待ちの大盛況。 「治療」「ダイエット&ボディメイク」「介護施設コンサルタント」を主軸に個人・企業の規模を問わずサービスを提供している。

コメントは利用できません。

プロフィール


桑原 和也 / Kazuya Kuwahara
理学療法士 / プロダイエットアドバイザー / 介護運営コンサルタント
1988年6月生まれ。大阪府出身。


はじめまして!
桑原 和也と申します。
このブログは

「体型に悩む方のダイエットを手助けしたい」

という思いをきっかけに始めました。

世の中に様々な情報が溢れる中、

・私が培ってきた知識
・最新のダイエット情報
・トレーニングの正しい方法

を中心に発信しています。

ぜひ、ブックマークしてくださいね!

毎日たくさんの方からメッセージをいただいております。
・ダイエット相談
・アスリートの方の治療のご依頼
・法人スポーツチームのトレーナー業務のご相談
・介護施設運営のご相談

などなど、お気軽にLINEへどうぞ^ ^

友だち追加

スポンサードリンク

カテゴリー