美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦

menu

ダイエットの帝王《FITBULL 桑原和也》

第21回 近畿クラシックベンチプレス選手権大会に出場しました。

前回は、『満腹まで食べる(食べ過ぎ)のは病気の元?【腹八分、腹六分で健康に】』というテーマで、”現代人は食べ過ぎている”ということについてお話させていただきました。

また、インターバルダイエットでは『ダイエットに成功しました!』というモニターさんからの嬉しいご連絡もあり、充実した日々を過ごさせていただいています(*´ω`*)

そんなこんなで、もう大好きな夏が来てしまいました。

すでに、BBQや海のお誘いが来ていてワクワクしているのですが、その前に大きなイベントが一つあります

タイトルにもあるように、

第21回 近畿クラシックベンチプレス選手権大会

があるのです( ゚Д゚)

去年は、何とか3位をとれたのですが、大幅な減量(6週間で12キロの減量でした。泣)での筋肉量ダウンとパフォーマンスダウンに苦しみ、何とか近畿大会前ぐらいの状態に戻って迎えたジャパンクラシックベンチプレスで惨敗。。。

惨敗具合はこちらをご覧ください➡『第16回 ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会出場しました。

そこで、様々な紆余曲折があり、今回の近畿クラシックベンチプレスを迎えることになりました。




独学でベンチプレスを続けていくのはもう限界!?

私は、理学療法士という仕事柄、通常のベンチプレッサーの方々より非常に有利だと考えていました。

私が他の選手より有利だと思う点

〇機能解剖学をはじめとした分野の専門家
〇動作観察・動作分析能力(フォームの欠点や問題点の発見、アプローチ)
〇的確なトレーニングプログラムの立案
〇多少の怪我なら自分で治せる(その場で治療可能)
〇治せない怪我なら同僚に治してもらえる。笑

『じゃあ、誰よりもベンチプレス競技で秀でてるはずだよね?』、その通りなんです。

しかし現実は、クソしょぼいです(;´・ω・)

今、3年ほどベンチプレスに取り組んでいますが、完全に伸び悩んでいて、机上の空論でした。

元々、
〇トレーニングは2日/1週間
1日2時間のトレーニング

しかしておらず、『最小限のトレーニングで最大の効果を出す』がポリシーです。

ただ、思うような重量が挙がらず、最近は120キロ×8~10repsで止まっていました。

そこで、薄々感じていた『このままでは大会上位に食い込むことは不可能』という思いからついにご指導を仰ぐことに。。。

やはり、アスレチックにはアスレチックのプロだ!

第21回 近畿クラシックベンチプレス大会に出場しましたGlenBledsoe

 

先生は世界チャンピオンの東坂康司選手!?

実は、ジャパンクラシック選手権大会のときに東坂選手にお声かけしていたこともあり、個人指導をしていただけることになりました。

個人指導は、8時間に及びました。。。もうヘトヘトです( ;∀;)

フォーム修正はもちろん、ベンチプレス競技への向き合い方やトレーニングのスケジューリングまで細部までご指導いただきました。

東坂選手はというと『さすが世界チャンピオンだ。』という印象でした。

非常にミクロの部分まで考えておられて、超一流を肌で感じることができました。

どういうことを具体的に教えていただいたかは公開することができませんが、いっしょに練習も参加させていただいて、最高の刺激になりました。

ということで、我流とはおさらばして、東坂さんの思考や練習方法などを全面的に取り入れることになり、かなりパフォーマンスが安定してきました。

まだまだ、時間はかかると思うのですが、2016年11月26-27日に開催される、第17回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会に合わせて調整していきたいと思います。

近畿クラシックベンチプレス

実は、この記事を書いている5日後に近畿クラシックベンチプレス大会があるんですが、減量中+調整中ということもあって、テンション低めです。

また、近畿クラシックベンチプレス選手権大会で、次回のジャパンクラシックベンチプレス大会への勢いをつけておきたいので、上位に食い込むことが自分の中の絶対条件になります。

はじめの画像は、今回の近畿クラシックベンチプレス選手権大会のエントリー表です。

参加人数が少ないと感じると思いますが、少数精鋭的な部分があるので、全く油断はできません。汗

追記:大会に参加しましたので、結果をご報告します!

 

減量に悪戦苦闘、最後は”水抜き”?

7月10日に合わせて、徐々にリミット体重(74キロ)まで落としていったのですが、パフォーマンスを気にし過ぎて、大会前日の時点で体重が76.5キロ、ヤバい。。。

もうこの時点で、体脂肪を落とすのは無理なので、必殺ドライアウト(水抜き)で2.5キロを落とすことに。

ということで、朝9時から始まった仕事を11時半で切り上げて(笑)減量のため帰宅し、慌ててジムに【ランニング+サウナ】で体重を落としにいくが、1キロぐらいしか落ちていない、ヤバい。。。

帰って2時間寝て起きる➡0.2キロほど減っているが、焦る。

この時点で75.3キロほどありました。

そして、【ガム+唾はき+下剤】で夜の23時には、75.0キロまで落ちていますが、かなり疲労がたまっていたので、朝の5時まで睡眠をとり、そこから3時間の半身浴だったのですが、ここからが地獄でした。

元々、長湯が好きではないのですが、もう熱い、喉乾く、焦る、で朝からドタバタだったのですが、朝8時に堺市立大浜体育館に向かう時点で体重は74.5キロ。ココロとカラダはボロボロ。

車で向かったのですが、車内を暖房ガンガンに入れながら、【ウィンドブレーカー+パッチ+腹巻】で最後に汗を絞り出す。

会場についてからも、【ガム+唾はき】で水分を出し続け、迎えた検量。。。

73.75キロ!!

よかった~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ということで、すぐさまリカバリーに。

アクエリアスを一口飲む。『なんてうまいんだ~!!』

近畿大会

ミネラル・アミノ酸・水分を摂取し休憩しもって、体力の回復を待つ。

もうこの時点で両側の前脛骨筋つってます。笑

とにかく、検量は何とかパスしました!

 

東坂さんに張り付いてもらってアップ開始。

検量をパスし、体力は少し回復。

そして、そろそろアップしたいな~とそわそわしていると

児玉さん『アップなんか、一つ前のグループが始まってからで十分』

東坂さん『アップ?早すぎるでしょ(笑)』

ということで、74キロ級のAグループの試技が始まってからアップ開始。

後輩たちにもリカバリーを手伝ってもらい、塩分を大量に摂取したので、足がつることはないものの、やはり筋出力が落ちている感じあり。

しかし、世界チャンピオンの東坂さんにアップで仕上げてもらえるのは、めちゃくちゃ贅沢なので、全力で仕上げます。

ベンチ台の高さ、皮の質感、床の滑り、バーベルを受けたときの感覚などなどを学習させ、徐々にパフォーマンスが上がります。

アップ最後の135キロ×1は、軽すぎるぐらい。

今週、頭は150キロ×1が成功しているので、できれば本番150キロを成功させたい!!

自分の出番を待ちながら祈ります。笑

近畿ベンチプレス大会

 

 

第21回 近畿クラシックベンチプレス大会の結果は?

まず、結果から▼

第21回近畿ベンチプレス大会

目標は150キロ?

全然無理でした(笑)

試技中は終始、上腕三頭筋さんがお留守でプレスできません。

というか、一試技目の142.5キロ失敗したとき、

東坂さん『何があったの!?』

と焦っていました。

桑原『僕も分かりません(;´・ω・)』

大変ご迷惑をおかけしました。

二試技目で142.5キロを成功させるも、”今日、全然ダメ”感がハンパじゃなかったので、ネガティブな145キロでトライするも、上腕三頭筋がお留守なので失敗。

持った感じは非常に軽かったんだけどな~。

ということで、児玉さんの足元にも及ばず2位で終了。

児玉さんと2ショット

 

去年が近畿3位だったので、今年は順位を一つ上げて近畿2位なので、まだ納得できますが、かなり反省点の多い近畿ベンチプレス大会になってしまいました。

ちなみに、次の日の練習で155キロ上がりました。笑

次回は、10月にある大阪クラシックベンチプレス選手権大会か、11月にあるジャパンクラシックベンチプレス選手権大会に出場するので、よろしくお願いします。

今回、出場された選手の皆さん、大会を主催してくださった方々やお手伝いしてくださった方々に感謝するとともに、また練習に打ち込みたいと思います。

東坂さん、お忙しい中アップまで付き合っていただいてありがとうございました。

次回は、大幅レベルアップして記録を残したいと思います。

The following two tabs change content below.
桑原 和也

桑原 和也

名前:桑原和也。 職業:理学療法士、プロダイエットアドバイザー、介護施設運営コンサルタント。 プライベート:現役ベンチプレス選手(近畿大会準優勝)。 臨床で5年間経験を積み、3000人以上の患者を治療する。 「美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦」をテーマに、自身のダイエット経験、理学療法&スポーツの知識を生かし100人以上をダイエット成功に導く。 2018年にFITBULLを立ち上げ、一般の方から現役アスリートまで幅広く治療をし、体型に悩む多くの女性にダイエット&ボディメイクの指導をする。 その傍ら、介護施設の運営コンサルタントとして赤字企業をわずか3ヶ月で黒字に転換させる。 現在は介護サービスの利用を希望しても最低1~2ヶ月待ちの大盛況。 「治療」「ダイエット&ボディメイク」「介護施設コンサルタント」を主軸に個人・企業の規模を問わずサービスを提供している。

コメントは利用できません。

プロフィール


桑原 和也 / Kazuya Kuwahara
理学療法士 / プロダイエットアドバイザー / 介護運営コンサルタント
1988年6月生まれ。大阪府出身。


はじめまして!
桑原 和也と申します。
このブログは

「体型に悩む方のダイエットを手助けしたい」

という思いをきっかけに始めました。

世の中に様々な情報が溢れる中、

・私が培ってきた知識
・最新のダイエット情報
・トレーニングの正しい方法

を中心に発信しています。

ぜひ、ブックマークしてくださいね!

毎日たくさんの方からメッセージをいただいております。
・ダイエット相談
・アスリートの方の治療のご依頼
・法人スポーツチームのトレーナー業務のご相談
・介護施設運営のご相談

などなど、お気軽にLINEへどうぞ^ ^

友だち追加

スポンサードリンク

カテゴリー