美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦

menu

ダイエットの帝王《FITBULL 桑原和也》

満腹まで食べる(食べ過ぎ)のは病気の元?【腹八分、腹六分で健康に】

Disney | ABC Television Group

前回は、『1日3食は間違い?食べすぎ?【本当に良い食事のとり方】』をテーマにお話させていただきました。

最近は、色々な研究が進み、医療や食事も一昔前とは比べものにならないほど改善されています。

実は、とっても簡単にできる健康法があるのをご存じですか?

それは、『食べ過ぎない』ことです。

食べ過ぎは体に悪いと思っていても、つい『もったいない!』と思ってしまい、満腹まで食べてしまうこともあるかと思います。

また、中には『いくら食べても満足感が得られない。。』と悩んでいる方もいるでしょう。

実は、食べ過ぎと生活習慣病をはじめとする病気は深い関連があるとされていて、実際に食べ過ぎが多くの体の不調の原因になっています。

そこで、今回は

満腹まで食べる(食べ過ぎ)のは病気の元?【腹八分、腹六分で健康に】

というテーマで、お話させていただきたいと思います。




食べ過ぎ(満腹)は病気の元?

昔から、『腹八分に病なし、腹十二分に医者足らず』と言われていきました。

最近では、あらゆる病気が食べ過ぎと運動不足からくる【血液の汚れ】から起こっていると言われるほどです。

ある動物実験では、食べ放題にしたマウスの平均寿命が74週であったのに対し、食事の量を80%に制限したマウスは122週と、1.6倍以上に延びたことが報告されています。

これは、東洋医学の考えですが、日常的に食べ過ぎを続けることによって、血液中に糖、脂肪(コレステロールや中性脂肪)やタンパク質などの栄養が過多になってしまい、それらの物質が体内で利用された結果、尿素ちっ素、クレアチニン、尿酸、ピルビン酸などの老廃物も多くなり、血液が汚れてしまいます。

汚れた血液が全身の臓器に流れることを考えると、『食べ過ぎ=病気の元』という考え方も納得がいきます。

また、最近ではカロリー制限と遺伝子の関係が明らかになりつつあります。

食べ過ぎは病気の元?

 

カロリー制限でサーチュイン遺伝子が活性化させる?

『サーチュイン遺伝子』という名前を耳にしたことがありますか?

サーチュイン遺伝子は、マサチューセッツ工科大学のロナルド・ギャランテ教授が発見した、活性酵素の除去、老化の抑制に関連する遺伝子です。

私達の体の中には、”サーチュイン”という酵素が存在していて、サーチュイン遺伝子が活性化することで、サーチュインが働きが活発になります。

サーチュイン遺伝子は、別名”長寿遺伝子”と呼ばれ、その生物の老化を防止し、寿命を延ばすと報告されています。

このサーチュイン遺伝子が活性化されると老化の原因であるミトコンドリアの弱体化を防ぎ寿命を延ばすことができます。

通常、サーチュイン遺伝子は活性化されませんが、あることをするとサーチュイン遺伝子が活性化されるんです。

それは、『カロリー制限』をすることです。

実は、摂取カロリーの制限を継続して行うと、サーチュイン遺伝子が活性化され、健康的になり、さらに寿命が延びることが分かっています。

つまり、【食べ過ぎない=健康になる】ということが遺伝子レベルで関係しているのです。

サーチュイン遺伝子とは

 

カロリー制限で病気を予防しアンチエイジングできる?

カロリー制限をしてアンチエイジング効果を期待する方法を”カロリーリストリクション”といいます。

カロリーリストリクションは、バランスの良い食事をしながら摂取カロリーを70%に制限することで、細胞の老化を遅らせ、病気を予防し健康寿命を伸ばすことができる食事法(アンチエイジング法)です

人間においても有効な健康法だろうと言われていて、20年間、カロリーリストリクションで飼育されたサルは、明らかに他のサルに比べ病気にかかりにくいという報告もあります。

ただ、すでに何年も前に”カロリーリストリクション”という健康法がアメリカを中心に注目されましたが、実際に栄養バランスを考えながら摂取カロリーを70%まで制限する、というのは非常に困難だと言われているのが現状です。

なので、その代わりに私は普段から食事のとき”食べ過ぎないよう”に注意しています。

つい『もったいないから食べよう。』と思うこともありますが、基本的にはお腹がある程度満たされている場合はそれ以上食べないようにし、外食でもお腹が空いているからといって、はじめにたくさん注文しないよう心がけています。

目安は、腹八分または腹六分で、少しお腹に余裕を持たせるぐらいで健康を維持することができるのです。

皆さんも、普段から食べ過ぎには注意して、食事は腹八分、腹六分で健康的な食生活を送りましょうね!

今回は、満腹まで食べる(食べ過ぎ)のは病気の元?【腹八分、腹六分で健康に】をテーマにお話させていただきました。

カロリーリストリクションでアンチエイジング?be creator

The following two tabs change content below.
桑原 和也

桑原 和也

名前:桑原和也。 職業:理学療法士、プロダイエットアドバイザー、介護施設運営コンサルタント。 プライベート:現役ベンチプレス選手(近畿大会準優勝)。 臨床で5年間経験を積み、3000人以上の患者を治療する。 「美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦」をテーマに、自身のダイエット経験、理学療法&スポーツの知識を生かし100人以上をダイエット成功に導く。 2018年にFITBULLを立ち上げ、一般の方から現役アスリートまで幅広く治療をし、体型に悩む多くの女性にダイエット&ボディメイクの指導をする。 その傍ら、介護施設の運営コンサルタントとして赤字企業をわずか3ヶ月で黒字に転換させる。 現在は介護サービスの利用を希望しても最低1~2ヶ月待ちの大盛況。 「治療」「ダイエット&ボディメイク」「介護施設コンサルタント」を主軸に個人・企業の規模を問わずサービスを提供している。

コメントは利用できません。

プロフィール


桑原 和也 / Kazuya Kuwahara
理学療法士 / プロダイエットアドバイザー / 介護運営コンサルタント
1988年6月生まれ。大阪府出身。


はじめまして!
桑原 和也と申します。
このブログは

「体型に悩む方のダイエットを手助けしたい」

という思いをきっかけに始めました。

世の中に様々な情報が溢れる中、

・私が培ってきた知識
・最新のダイエット情報
・トレーニングの正しい方法

を中心に発信しています。

ぜひ、ブックマークしてくださいね!

毎日たくさんの方からメッセージをいただいております。
・ダイエット相談
・アスリートの方の治療のご依頼
・法人スポーツチームのトレーナー業務のご相談
・介護施設運営のご相談

などなど、お気軽にLINEへどうぞ^ ^

友だち追加

スポンサードリンク

カテゴリー