美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦

menu

ダイエットの帝王《FITBULL 桑原和也》

今回は、世界でも愛されているコーヒーについてお話したいと思います。

コーヒーは健康面でいくつも効果があるとされており、ダイエット効果に関しても様々な論文が出されています。

1990年以前は、『コーヒーは体に悪い』とする論文が多かったのに対して、1900年代以降は、どちらかというと『体に良い』という論文が多いそうです。

コーヒーには、カフェインクロロゲン酸という成分が含まれており、その両方に脂肪分解を促進する効果があります。

例えば、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動の前に飲めば、カフェインとクロロゲン酸による脂肪分解する働きが強くなることにより有酸素運動による効果が上昇することが期待できます

つまり、ダイエット時には適度に摂取しておきたいダイエット食になります。

コーヒーは、ブラックで飲めばカロリーがゼロなので、カロリーを摂らず脂肪分解を加速させたい方には、オススメです。

では、実際に健康面でどのような効果があるのかを見ていきましょう。

 

①腸の蠕動運動を活性化させる

カフェインには腸の働きをすばやく活性化させる作用があることが確認されています。つまり、便秘を解消する可能性も持っています。

ただし、毎日コーヒーを飲まれている方は、カフェインに対する反応も鈍くなっている可能性が高いので、たまに飲む方がより効果を期待できます。

 


②循環器疾患と脳卒中の発症リスクを低下させる

『コーヒーを飲まない群』を基準とした場合、循環器疾患と脳卒中について『週に3~6回、毎日1杯、毎日2杯以上飲む群』の発症リスクが11%~20%低く、脳梗塞については、週に1~2回以上飲む群で、13%~22%低い結果が出ています。

国立がん研究センター、がん予防・検診研究センター

 

③糖尿病になるリスクを低下させる

2005年にハーバード大が発表した研究報告で、1日にコーヒーを一定以上飲む人は、全く飲まない人に比べ、糖尿病になるリスクが女性で30%、男性で50%少ないということが確認されました。

カフェインは、一度にたくさん摂取し過ぎると副作用が出ることがありますので注意しましょう。



The following two tabs change content below.
桑原 和也

桑原 和也

名前:桑原和也。 職業:理学療法士、プロダイエットアドバイザー、介護施設運営コンサルタント。 プライベート:現役ベンチプレス選手(近畿大会準優勝)。 臨床で5年間経験を積み、3000人以上の患者を治療する。 「美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦」をテーマに、自身のダイエット経験、理学療法&スポーツの知識を生かし100人以上をダイエット成功に導く。 2018年にFITBULLを立ち上げ、一般の方から現役アスリートまで幅広く治療をし、体型に悩む多くの女性にダイエット&ボディメイクの指導をする。 その傍ら、介護施設の運営コンサルタントとして赤字企業をわずか3ヶ月で黒字に転換させる。 現在は介護サービスの利用を希望しても最低1~2ヶ月待ちの大盛況。 「治療」「ダイエット&ボディメイク」「介護施設コンサルタント」を主軸に個人・企業の規模を問わずサービスを提供している。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


桑原 和也 / Kazuya Kuwahara
理学療法士 / プロダイエットアドバイザー / 介護運営コンサルタント
1988年6月生まれ。大阪府出身。


はじめまして!
桑原 和也と申します。
このブログは

「体型に悩む方のダイエットを手助けしたい」

という思いをきっかけに始めました。

世の中に様々な情報が溢れる中、

・私が培ってきた知識
・最新のダイエット情報
・トレーニングの正しい方法

を中心に発信しています。

ぜひ、ブックマークしてくださいね!

毎日たくさんの方からメッセージをいただいております。
・ダイエット相談
・アスリートの方の治療のご依頼
・法人スポーツチームのトレーナー業務のご相談
・介護施設運営のご相談

などなど、お気軽にLINEへどうぞ^ ^

友だち追加

《ダイエット動画講座をプレゼント》

スポンサードリンク

カテゴリー