美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦

menu

ダイエットの帝王《FITBULL 桑原和也》

画像:生活の知恵をもとめてより




最近は、ゼロカロリー飲料は、各メーカーから発売されており、コンビニやスーパー、自販機などでどこでも手軽に飲めるようになりました。

カロリーが、ゼロということで習慣的に飲まれている方も多いと聞きます。

ダイエット時、カロリー制限をされているときに炭酸飲料を飲めるというのは、とてもストレス軽減につながるでしょう。

実は、アスパルテームをはじめとするスクラロースアセスルファムカリウム、サッカリン、ズルチン、チクロ、ネオテームなどの合成甘味料が、ゼロカロリーの飲み物には含まれています。

今日は、この中の一つ【アスパルテーム】を取り上げてお話したいと思います。

私は、カロリーゼロ飲料を一切飲みません。

人工甘味料がどれだけ体に有害かを知っているからです。

アスパルテームは、1965年にアメリカ合衆国のサール薬品が、ガストリンの合成研究中に強い甘味を発見したことを発端として、その研究・開発が進められたそうです。

米国食品医薬品局 (FDA) の審査では、経口摂取されたアスパルテームの大部分が分解も代謝も受けずに体外に排泄されるという結果が出ていますが、日本生活協同組合連合会などは安全性への懸念などからアスパルテームを含む食品の取り扱いを行ってきませんでした

しかし、なぜか2002年3月に留意使用添加物から除外することを決め、取り扱い制限を解除し、国内でアスパルテームを使用を許可しました。

それからは、各飲料メーカーが次から次へとアスパルテームをはじめとする人工(合成)甘味料を使用した飲料を発売しました。

 

アスパルテームの人体への影響について

まず、はじめにアステルパームは、劇物指定であるメタノールを含んでいます。

実は、このメタノールは、果物や野菜、酒類にも含まれることもあり、ごく少量であれば人体への影響は無いと言われていますが、量によっては失明や致死など重大な人体への毒性が報告されています。

戦後の食糧難の時代では、酒類にメタノールを混合し販売していたそうですが、それを飲んだ人が失明したり、死亡することが頻繁に起きたそうです。

現在、人に対する”推定致死量は200~300g”とされています。

ただ、現在販売されているアスパルテーム入りのジュースや酒類を飲んだからといって、すぐに重大な疾患になるわけではありません。

では、なぜアスパルテームを摂取してはいけないか?

それは、様々な病気との関連を疑われているからです。

 

ボストンの婦人科病院の科学者による11年間の研究結果では、人工甘味料のアスパルテームを使用したダイエット・ソーダ(ダイエット飲料)は、腎臓機能障害に深く関わっていることが分かりました。

また、アスパルテームは胎児の脳の発達などに影響を及ぼすと言われており、フェニルケトン尿症の新生児が摂取すると脳障害を引き起こす可能性があることや腫瘍、白血病、生殖機能障害を起こすリスクが上昇するなどの報告があります。

アステルパーム

 

人工(合成)甘味料は肥満の元

カロリーゼロやカロリーオフの飲料を飲む方の目的の一つとしてダイエットがあります。

『カロリーを取りすぎて肥満になるのだから、カロリーを制限すれば痩せる』というのはダイエットの基本になります。

しかし、ダイエットに良いと思って人工(合成)甘味料が含まれている飲料を飲んでいる方は今すぐにやめましょう。

なぜなら、すい臓が、砂糖だけでなく人工甘味料にも反応し、大量のインスリンを出すことがボストン大学医学部のバーバラ・コーキー博士の研究によって判明したからです。

つまり、カロリーゼロの飲料を飲んだ場合、大量のインスリンがすい臓のランゲルハンス島から分泌されるのですが、中性脂肪として蓄えるエネルギーがカロリーゼロ飲料にはありません。

しかし、インスリンが大量に分泌されると血糖値が下がりますので、血糖値が下がることにより空腹を感じますので食欲が増し、その結果暴飲暴食をする可能性が上がります。

さらに、習慣的に人工(合成)甘味料を摂取していると、インスリンが急激に分泌されるようになり、通常の食事からもエネルギーの吸収力が増し、肥満になりやすくなると言われています。

皆さん、くれぐれも注意しましょう。



The following two tabs change content below.
桑原 和也

桑原 和也

名前:桑原和也。 職業:理学療法士、プロダイエットアドバイザー、介護施設運営コンサルタント。 プライベート:現役ベンチプレス選手(近畿大会準優勝)。 臨床で5年間経験を積み、3000人以上の患者を治療する。 「美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦」をテーマに、自身のダイエット経験、理学療法&スポーツの知識を生かし100人以上をダイエット成功に導く。 2018年にFITBULLを立ち上げ、一般の方から現役アスリートまで幅広く治療をし、体型に悩む多くの女性にダイエット&ボディメイクの指導をする。 その傍ら、介護施設の運営コンサルタントとして赤字企業をわずか3ヶ月で黒字に転換させる。 現在は介護サービスの利用を希望しても最低1~2ヶ月待ちの大盛況。 「治療」「ダイエット&ボディメイク」「介護施設コンサルタント」を主軸に個人・企業の規模を問わずサービスを提供している。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


桑原 和也 / Kazuya Kuwahara
理学療法士 / プロダイエットアドバイザー / 介護運営コンサルタント
1988年6月生まれ。大阪府出身。


はじめまして!
桑原 和也と申します。
このブログは

「体型に悩む方のダイエットを手助けしたい」

という思いをきっかけに始めました。

世の中に様々な情報が溢れる中、

・私が培ってきた知識
・最新のダイエット情報
・トレーニングの正しい方法

を中心に発信しています。

ぜひ、ブックマークしてくださいね!

毎日たくさんの方からメッセージをいただいております。
・ダイエット相談
・アスリートの方の治療のご依頼
・法人スポーツチームのトレーナー業務のご相談
・介護施設運営のご相談

などなど、お気軽にLINEへどうぞ^ ^

友だち追加

《ダイエット動画講座をプレゼント》

スポンサードリンク

カテゴリー