美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦

menu

ダイエットの帝王《FITBULL 桑原和也》

ヨガ(YOGA)はダイエットに効果的?ヨガにオススメな服装(ウェア)・マットは?

皆さんは、”ヨガ”と聞くとどのようなイメージがあるでしょうか?

『きついポーズを長時間とる。。。』
『健康的で女性に人気がある!』
『リラックスしてストレス発散になる?』

というようなイメージをお持ちではないでしょうか?

確かに上記のイメージは全て当てはまっているように思います。

実は、以前から女性を中心に人気があったヨガがさらに注目を集めています。

スタジオで行うヨガ、湿度と温度を上げるホットヨガ、サーフボードの上で行うサップヨガ、ビーチで行うビーチヨガなどなど。。。

実は、ダイエット指導をさせていただいている知人がホットヨガに通い出し、わずか2週間で3キロ痩せたのです。

正直、ビックリですが、ヨガにはそれだけのポテンシャルが十分あると考えています。

実は、ベンチプレスやウェイトトレーニングに励みながら、

ホットヨガに通いたい。。。

という願望がありましたので、ヨガについてかなり調べていました。

そこで、
『今からヨガに通いたい!』
『ヨガって健康に良さそうだけど、実際に効果はあるの?』
『ヨガでダイエットしたい!』
『ヨガに最適な服装(ウェア)やマットを教えて欲しい!』

という方のために、今回は

ヨガ(YOGA)はダイエットに効果的?ヨガにオススメな服装(ウェア)・マット

をテーマにお話させていただきたいと思います。




☑️そもそもヨガって何?

まず、ヨガとはどういう意味があるのでしょうか?

ヨガという言葉から説明すると、ヨガという言葉は、サンクスリット語で『つながり』という意味を指します。

『ヨガをすることによって何がつながるの?』と思うかと思います。

ヨガを行うことにより繋がるのは、心と体です。

ヨガでは、音楽とともにゆっくりと様々なポーズ(アーサナ)をとっていき、心と体を一体にしていきます。

また、ヨガを行なっている間は、
呼吸
姿勢
瞑想

を通じて、心身の緊張を解き、日々のストレスから解放することにより、心の安定と安らぎを得ることができます。

また、自分自身に向き合うことで本来の自分を取り戻す効果やパワーを生み出すことができます。

ゆっくりとしたアーサナを一連の流れで行うヨガなどは、以前は比較的高齢の女性に人気でしたが、最近では若い女性だけでなく男性の間でも人気があるほどです。

ヨガを実際に行うには、ヨガ専門のスタジオやヨガを積極的に取り入れているフィットネスジムに通ったり、ヨガイベントなどに参加する必要があります。

DVDなどを購入し独学で行う方もおられますが、瞑想や呼吸法などをヨガインストラクターが教えるスタジオなどで学ぶ方がベターです。

というのも、ヨガというのは『スポーツ』や『リラクゼーション』『ストレッチ』という枠組みではなく、思想や哲学、歴史など非常に奥が深いので、ヨガを実践しながらヨガに関する知識を身につけることで上級のヨガを行うこともできるようになるからです。

では、次にヨガの種類についてご紹介したいと思います。

Rachel Jackson

 

☑️ヨガにはどんな種類があるの?

次に、ヨガにはどんな種類があるのかを紹介したいと思います。

ヨガは、冒頭でもお話したように一般的なイメージのヨガ、ホットヨガ、ビーチヨガ、サップヨガなどありますが、実はリラックス効果が高いものから運動量が高くきついものまで様々な種類があります。

今回は、一般的に知られているヨガを19種類ご紹介したいと思います。

The Well Report

アイアンガーヨガ
↪︎アライメント(姿勢)を重視していて、ゆっくり丁寧にアーサナをとっていくヨガです。リラクゼーション効果が高ことも特徴です。

アートオブリビングヨガ
↪︎酸素とともにプラーナ(気)を送ることをテーマに、スダルシャン・クリヤ呼吸法を用いることが大きな特徴です。呼吸をしっかり行なっていくことで高いリラクゼーション効果を期待することができます。

インテグラルヨガ
↪︎インテグラル(総合)ヨガは、名前の通り、様々な種類のヨガの良いとこどりをして進化したヨガで、ゆっくりと行うヨガなので、初心者にオススメです。

アシュタンガヨガ
↪︎アシュタンガヨガは、ダイナミックなアーサナをしっかりと呼吸(プラーナヤーマ)を行いながらとっていくスタイルのヨガで、運動量も高く、発汗量も多いことが特徴です。

古代に考えられたヨガを現代に適応させる形でアレンジされた人気のヨガです。

アヌサラヨガ
↪︎アヌサラヨガは、アイアンガーヨガをベースにして応用したヨガで、海外で非常に人気のあるヨガです。初心者やダイナミックなヨガが苦手な方にもオススメです。

ヴィンヤサヨガ
↪︎ヴィンヤサ(動作の連続)ヨガは、スタティック(静的)とダイナミックを(動的)を流動的に行なっていくことで全身の協調性を磨くことのできるヨガです。

沖ヨガ
↪︎沖ヨガは、インドの伝統的なヨガをベースに、陰陽道や禅、東洋伝統医療などを組み合わせ現代に合ったスタイルを完成させたヨガで、初心者~上級者の幅広い方が行うことができます。

クンダリーニヨガ
↪︎クンダリーヨガは、様々な呼吸法を行いながら心身を一つに繋げていきます。

色々な流派の中でもダイナミックかつパワフルなヨガに分類されます。

ジュニヤーナヨガ
↪︎ジュニヤーナヨガは、体を動かすヨガではなく、瞑想の中で自分と向き合っていく中で高いリラックス効果や不安・ストレス解消を目的とするヨガです。

クリパルヨガ
↪︎クリパルヨガは、自由で流れるようなアーサナを通じて瞑想を行なっていくことで、リラクゼーション効果、ヒーリング効果を期待することができます。日常生活の中で蓄積したストレスや過緊張を取り除く効果も期待できます。

シバナンダヨガ
↪︎基本的な呼吸法から太陽礼拝、12の基本アーサナ、瞑想で内容が構成されているヨガです。

基本的なアーサナが一連の流れになっているため、初心者でも比較的受け入れやすいスタイルのヨガになっています。

カルマヨガ
↪︎カルマヨガが生まれたのは、紀元前800~500年ごろと言われており、動きや呼吸というよりは、ヨガの哲学といえます。

カルマヨガは、”行動のヨガ”とされ、自分自身の行動の結果として何ら見返りを求めず、目の前の事柄に対しただ奉仕するという考えがベースにあります。

ハタヨガ
↪︎ハタヨガは、アーサナや呼吸法を心や体を動かす原動力であるという基本的な考えの下に、コントロールして調和させるヨガです。アイアンガーヨガ、アシュタンガヨガ、インテグラルヨガ、パワーヨガ、ホットヨガは、ハタヨガがアレンジされた流派だとして知られています。

マントラヨガ
↪︎マントラヨガは、心の中や声に出して『音節やフレーズ』を唱えながら行うヨガで、順番に一節ずつ歌っていくコール•アンド・レスポンス方式をとっているヨガです。

ラージャヨガ
↪︎ラージャヨガは、”王者”という意味を持っており、自己意思と瞑想により精神の集中力を高め、宇宙とのつながりを意識し、心の移り変わりを制御する技を磨くヨガです。

パワーヨガ
↪︎パワーヨガは、アシュタンガヨガをベースにアレンジされた海外で人気の高いヨガです。

スタティックとダイナミックを組み合わせ、筋力トレーニング効果、瞑想によるヒーリング効果、リラクゼーション効果を期待できる上級者向けのパワフルヨガです。

マタニティヨガ
↪︎マタニティヨガは、その名の通り妊婦のためのヨガで、マタニティヨガを通じて身につけた瞑想、呼吸法は、出産時にも役に立つと言われます。

自分自身ともう一つの命を繋ぐことを意識し、リラックスして行うことで日頃のストレスを解消することから、体の不調に耳を傾けることができます。

最近では、産婦人科クリニックなどでマタニティヨガの講座もあるほどで、高い人気があります。

パクティヨガ
↪︎パクティヨガは、インドで最も多く取り入れられているヨガとされ、『親愛のヨガ』と呼ばれます。

際に行う場合は、音をヨガに取り入れることが多いようですが、パクティヨガを追求するには、アーサナだけでなく、基本理念や神学、哲学なども学ぶ必要があります。

ホットヨガ
↪︎ホットヨガは、”ホット”というだけあり、暑い中ヨガを行うことを指します。

具体的には、室温39度前後、湿度60%に保たれた室内で行うことが基本のようで、最近では女性を中心に高い人気を誇っています。

Vive La Palestina

このように、『ヨガ』と一言でいっても、その歴史は非常に古く、また様々な種類があります。

もし、ヨガを始める場合は、自分自身に合ったヨガを選ぶことでより効果を期待することができます。

 

☑️ヨガの効果は?

世の中には、たくさんの運動がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

特に大きなデメリットとして気になるのは、怪我です。。。

健康維持や病気予防で運動をしていても、怪我をしてしまえば本末転倒です。

また、

スポーツで怪我をしてしまった

という苦い経験のある方も多いのではないでしょうか?

私もベンチプレスで腰椎横突起を疲労骨折してしまったことがあるので、怪我には細心の注意を払っています。。。

しかし、ヨガは、ダイナミックなスタイルでもゆっくり丁寧に行うので、他の運動に比べ怪我は起きにくいというメリットがあります。

また、ヨガは他の運動と異なり、特徴的な呼吸法や瞑想を取り入れていることからも、ヒーリング・リラクゼーションとして取り入れられている方も多いようです。

では、ヨガには実際にどんな効果があるのでしょうか?

ヨガの効果

●姿勢改善
●シェイプアップ
●脳細胞の活性化
●血流改善
●発汗によるデトックス
●ストレス発散
●柔軟性の向上
●姿勢保持筋の活性化&筋力向上
●内観力の向上
●自律神経のバランス改善による慢性的な冷えや肩こり、便秘、生理不順などの改善効果
人により効果は様々です。

 

このように、ヨガでは健康上、様々な効果があります。

特に、注目すべきは内観力の向上、自律神経のバランス改善効果です。

内観とは、自分自身でおのれの心または精神の働きを観察する過程を指し、ヨガの瞑想を繰り返し行うことで内観力が磨かれます。

また、ヨガのリラクゼーション効果、ヒーリング効果は自律神経の交感神経(緊張を司る)の働きを抑制し、副交感神経(リラックスを司る)の働きを促します。

現代人は、常にストレスにさらされていて、交感神経が優位な傾向があります。

交感神経が優位になっていると、不必要な緊張が常にあり、便秘や肌荒れ、不眠症、肩こり、冷えなどの症状が出ることが多々あります。

ヨガでは、副交感神経の働きを促すことで、緊張を取り除き、体の不調を改善する効果が期待できます。

 

☑️ヨガにダイエット効果はあるのか?

では、ヨガを行うことでダイエット効果はあるのでしょうか?

実際、ダイエット目的のためにヨガを始める方も少なくないので、女性は気になるのではないでしょうか?

冒頭でお話ししたように、私がダイエット指導をさせていただいている知人女性がホットヨガに通い出し、わずか2週間で3キロも痩せたことを考えると、ダイエット効果は明白ですが。。。

なぜ、『ヨガを行うことで痩せるのか』ということについてですが、私の見解では、姿勢保持筋(インナーマッスル)&呼吸筋のトレーニングにより代謝の向上が最も大きいのではないかと考えています。

酸素をたくさん取り入れながら行うヨガは、ウェイトトレーニングのような無酸素運動ではなく、ウォーキングのような有酸素運動に分類されます。

実は、酸素を多く取り込みながら20分以上連続で運動することにより、脂肪が燃焼しやすくなるといわれ、高いダイエット効果が期待できるのです。

最近の研究報告で、1日の運動時間の合計が20分以上で脂肪の燃焼が促されるといわれています。

他の有酸素運動と比べても、より多くの酸素を取り入れるヨガはその場でできる運動ですが、高い有酸素運動としての効果を備えているのではないかと考えられます。

ただ、運動一本でダイエットを行うことは非常に難しいという事実があります。

例えば、

42.195kmのフルマラソンを走ったとしても、消費カロリーは2500kcal、脂肪燃焼量からいうと約0.3kgほどしかありません。

上記は理論値なので、実際は走ったその日から数日間傷ついた筋肉がカロリーを消費し続けるので、数キロ痩せる可能性はありますが、単純な脂肪の減少量はフルマラソンほどの運動を持ってしても少ないのです。

そこで、もしダイエット目的でヨガを行う場合は、ぜひ食事の工夫も同時に行いましょう

関連記事
ダイエットや糖尿病予防に最適?〜食物繊維の効果・効能〜
低脂肪ダイエットのやり方と効果は?【低糖質ダイエットとどちらが良いのか】
ケルセチン配糖体配合の『伊右衛門 特茶』でダイエット効果はあるのか?
”よく噛むと痩せる”は本当か?【よく噛むメリットについて】

 

☑️ヨガに最適な服装(ウェア)・ヨガマットは?

では、ヨガに最適な服装(ウェア)やヨガマットについてご紹介したいと思います。

ヨガをすると当然ですが、大量の汗が出ます。

パワーヨガやホットヨガになれば滝のような汗が流れ、汗をかき始めたら『ポタ,,,ポタ,,,』ぐらいのペースで汗が床に落ちることになります

つまり、服装やヨガマット、ヨガタオルの素材はしっかりと選ばなければなりません。

よく汗をかくヨガの場合であれば、

汗をかくので、体にフィットしたタイトなシャツがオススメです。

また、女性であればカップ付きのタンクトップで下は7分のパンツを着用したり、スポーツブラにヨガ用のパンツを着用するのもオススメです。

また、同じヨガでもスタジオによりヨガマットを使うスタジオ、ヨガタオルを使うスタジオとそれぞれあるので、ヨガインストラクターに確認してみてくださいね。

私が先日購入したヨガマットですが、SPOUTというブランドになります。

ハワイアンのピクチャを使ったり、鮮やかな虹色をあしらったデザインで非常に可愛く、最近人気急上昇です。

下記にリンク(楽天市場)を載せておきますね。(画像をクリックすると商品ページへ飛べます。



なかなか、ハワイアン柄のヨガウェアやヨガマットがなかったので、一目惚れして購入してしまいました。笑

いかがだったでしょうか?

今回の記事をご覧になり、”ヨガ“の良さを分かっていただけたかと思います。

僕は、小さい頃から体が固く、学生時代にブレイクダンスを5年ほどしておりましたが、柔軟性が無かったため、ダンスには不向きで悔しい思いをしたことが何度もありました。。。

最近は、筋肉量を増やす以外に、柔軟な体を手にいれたいという思いも強いので、ヨガを習おうと思っています。

皆さんも、これを機会にヨガを始めてみてはいかがでしょうか?

今回は、『ヨガ(YOGA)はダイエットに効果的?ヨガにオススメな服装(ウェア)・マットは?』をテーマにお話させていただきました。

The following two tabs change content below.
桑原 和也

桑原 和也

名前:桑原和也。 職業:理学療法士、プロダイエットアドバイザー、介護施設運営コンサルタント。 プライベート:現役ベンチプレス選手(近畿大会準優勝)。 臨床で5年間経験を積み、3000人以上の患者を治療する。 「美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦」をテーマに、自身のダイエット経験、理学療法&スポーツの知識を生かし100人以上をダイエット成功に導く。 2018年にFITBULLを立ち上げ、一般の方から現役アスリートまで幅広く治療をし、体型に悩む多くの女性にダイエット&ボディメイクの指導をする。 その傍ら、介護施設の運営コンサルタントとして赤字企業をわずか3ヶ月で黒字に転換させる。 現在は介護サービスの利用を希望しても最低1~2ヶ月待ちの大盛況。 「治療」「ダイエット&ボディメイク」「介護施設コンサルタント」を主軸に個人・企業の規模を問わずサービスを提供している。

コメントは利用できません。

プロフィール


桑原 和也 / Kazuya Kuwahara
理学療法士 / プロダイエットアドバイザー / 介護運営コンサルタント
1988年6月生まれ。大阪府出身。


はじめまして!
桑原 和也と申します。
このブログは

「体型に悩む方のダイエットを手助けしたい」

という思いをきっかけに始めました。

世の中に様々な情報が溢れる中、

・私が培ってきた知識
・最新のダイエット情報
・トレーニングの正しい方法

を中心に発信しています。

ぜひ、ブックマークしてくださいね!

毎日たくさんの方からメッセージをいただいております。
・ダイエット相談
・アスリートの方の治療のご依頼
・法人スポーツチームのトレーナー業務のご相談
・介護施設運営のご相談

などなど、お気軽にLINEへどうぞ^ ^

友だち追加

《ダイエット動画講座をプレゼント》

スポンサードリンク

カテゴリー