美と健康を両立させるダイエットの提案と挑戦

menu

ダイエットの帝王~美しく痩せる極意~

プロフィール

プロフィール写真 最終

〇名前:桑原 和也(くわはら かずや)
〇生年月日:S63/6/15
〇出身地:大阪府
〇職業:理学療法士
〇自己紹介:

じめまして。桑原 和也と申します。

当サイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。

私は現在、理学療法士として働いている傍ら、日々ブログやTwitterでダイエット情報を発信したりダイエットのご指導させていただいてます。

私は、過去3回ダイエットに取り組んだことがあります。

1度目は、3ヶ月かけて10kg痩せた経験(炭水化物抜きダイエット)。

2度目は、6週間かけて12kg痩せた経験(ケトン体ダイエット)。

3度目は、2ヶ月かけて8.5kg痩せた経験(桑原式:インターバルダイエット)。

今まで、3度ダイエットを行いすべて成功させてきましたが、苦しい思いや辛い経験ももちろんあります。

実は、私は現在ベンチプレスの現役アスリートなのですが、ボクシングなどと同様に階級が分かれており、自分の所属する階級の検量をパスしないと試合に出場することができません。

そのため、ベンチプレスの選手権大会前は減量に入ります。

ベンチプレスでは筋肉量が一つのファクターとなっており、減量ではいかに筋肉量を落とさずに脂肪をそぎ落としていくかが重要なポイントになります。

過去にベンチプレス大会前、2度目に行ったケトン体ダイエットで筋肉量を落としてしまい、その結果試合でパフォーマンスが落ちるという苦い経験をしました。

ダイエットや減量では、そのぞれぞれの方法に長所・短所があり、中には辛い食事制限や運動をしなければならない場合もあります。

私は、自分の過去のダイエット経験やご指導させていただいた方のお声、最新の医学的知識などを元に『インターバルダイエット』というダイエットプログラムを考案しました。

この桑原式インターバルダイエットの一番の特徴は”どんな人でも自分の生活の中に取り入れ辛い思いをせずに痩せることができる”というものです。

2016/1/7、81.2kgの時点から桑原式インターバルダイエットのプログラムを用い人生3度目の減量に入りました。

減量前体重81.2kg

その結果、2016/3/12の第16回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会の検量時点で72.7kgと8.5kgのダイエットに成功することができました。

検量時の体重は、JPA(ジャパンパワーリフティング協会)のHPで実際にご確認していただくことができます。

さらに、私の収穫はこれだけではありませんでした。

桑原式インターバルダイエットは、過去行ってきたダイエットと比較し非常にストレスが少なく、辛い思いをしなくて済んだのです。

それにより、自分が考案したダイエットプログラムが他のダイエットより優れてることを自分の体を通じて実感することができたのです。

これからは今まで通り日々、当ブログでダイエットに関する情報発信をしながら、桑原式インターバルダイエットを1人でも多くの方に広め、実践していただきたいと思っています。

その結果、自分の望む体型を手にいれ、人生を謳歌してもらえるとするなら、こんなに嬉しいことはありません。

ぜひ、あなたも美と健康を両立する『インターバルダイエット』で美しい体と満ち溢れた自信、そして素晴らしい人生を手に入れてください。

インターバルダイエットの無料モニターに募集する

                              理学療法士  桑原 和也

スポンサードリンク

カテゴリー